古版画古版木 再摺り・調査・修復・復刻

版木修復・修理のお問い合わせ

眠ったままの古版画・版木を発掘し、次世代へつなぐ
調査機関との連携により深い見識で木版画を再生

古版画・古版木調査

竹笹堂は、木版印刷の技術保存、そして新たな発展を目指し、歴史ある古木版画や古版木の調査・復刻・修復再生を行なっています。

明治より続く木版画工房「竹中木版」で長年培われた職人の知識に加え、数多くの版画作品を取り扱う美術館・博物館や、各種研究機関、有識者と協力して、多角的な検証を元に分析調査を行うことで、幻となった技術を残された版木・版画から読み取ります。

使用されず眠ったままとなった版木や木版画の用途、内容、価値などを調査し、修復可能なものは竹笹堂独自の技術を持って当時の状態を再現します。
また、原板や木版画をもとに復刻木版画を制作し、失われた木版画の再生も承ります。

丁寧に作られた版木は定期的にメンテナンスや修理を行い、正しい方法で保存することで何代に渡って受け継ぐことが可能です。仏画・御札・風景画・人物画・文章などの木版画、文字版・絵版・骨版・その他木版画の版木、木版印刷であれば材質・サイズ・年代問わずご対応させて頂きます。

版木が多数となる場合やご希望の場合は、出張調査もお受けいたします。

また、ご依頼いただいだ古版木や修復・新調された版木の木版摺り作品を用いた装飾加工(扇子・団扇・襖・料紙など)の他、表装(軸装・屏風・額装)・装丁など、各種装飾のご手配も承ります。

竹笹堂の再生技術研究

版画の修復

古版木古版画修復

版木の摩耗・顔料による侵食など、その状態を見極めるべく、古来の技術に科学的見地もプラスして総合的に解決方法を見つけ出すため、有識者との意見交換を重ね、数多くの古版画や文献を研究しています。

版画の復刻

修復不能な版画の復刻

木版画は「木」と「紙」を基本とするため経年劣化による欠損は避けられません。修復も不能となった古版画は、当時の木版印刷技術を再現して新しく作り直し、現代によみがえらせます。


ページ
上部へ