レオ・レオニの絵本作品「スイミー」心に残るワンシーンを木版画に

2018.8.11

このエントリーをはてなブックマークに追加

レオ・レオニの代表作を透明感ある京版画で再現

スイミー木版画

個性豊かな生き物たちの物語が、世界中で長く愛され続けている絵本作家レオ・レオニ。日本でもロングセラーを記録し、小学校教科書でおなじみの代表作「スイミー」の1場面を、株式会社表現社 cozyca productsの企画のもと、竹笹堂が木版画制作を担当しました。

レオ・レオニが描いた美しい水彩画の絵本を、熟練の職人たちによる磨き抜かれた木版の技法で細部まで繊細に再現しています。

本作品は、2018年8月11日(土祝)伊丹市立美術館を皮切りに全国6カ所を巡回する「みんなのレオ・レオーニ展」のミュージアムグッズ売場に登場予定です。また、京都のcozyca products直営店、竹笹堂でも販売いたします。

脈々と受け継がれてきた京版画の技により、新たな魅力をまとった物語をご覧ください。

展覧会概要

展覧会名
みんなのレオ・レオーニ展
場所
伊丹市立美術館
※木版画はミュージアムショップで販売
会期
2018年8月11日(土祝)~9月24日(月振休)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)  休館日:月曜日(祝日にあたるときはその翌日)
入場料
一般800(700)円、大高生450(350)円、中小生150(100)円
*( )内は20 名以上の団体割引
巡回会場
新潟、広島、東京、鹿児島、沖縄

レオ・レオーニ展公式HP


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ