虎屋 京都ギャラリー「竹に虎」展で竹笹堂制作品、所蔵品を展示

2018.3.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

老舗に引き継がれる和菓子作りと商業印刷の歴史 伝統を今に感じる展覧会開催

4月21日〜5月20日まで虎屋 京都ギャラリーで開催される老舗和菓子店虎屋さまの展覧会「竹に虎」展で、竹笹堂が制作したアイテムの展示と販売を行います。

CraftSession

室町時代の後期に京都で創業した虎屋では、虎屋菓寮京都一条店に隣接する虎屋 京都ギャラリーにて、所蔵品の展示や京都の工芸や美術にまつわる企画展を開催しています。第17回目となる本展では、「竹に虎 -見てたのし、使ってよろしい商業版画- 展」と題し、かつて菓子をはじめ、食べ物の掛紙や包装紙に多く用いられていた商業印刷の木版画に着目した展示を行います。

現在も虎屋さまで使用されている、文人画の巨匠、富岡鉄斎図案の掛紙や、秘蔵の版木から復刻した木版画や当時の広告が展示されます。
また、竹笹堂の所蔵品や木版画の道具、そして代々制作してきた受注品をはじめ、原田裕子がデザインした本展オリジナルの和菓子尽くしの掛紙など、竹笹堂が手がけた作品や商品も会場に並びます。

期間中、隣接の虎屋菓寮や京都一条店にて、木版画の限定掛紙や懐紙のサービス、和菓子ポストカードの販売なども行われます。
新緑が芽吹く清々しい季節に、ぜひ会場へ足をお運びください。

展覧会概要

展覧会名
竹に虎 -見てたのし、使ってよろしい商業版画-展
虎屋 京都ギャラリー第 17 回企画展
場所
虎屋 京都ギャラリー
上京区一条通烏丸西入広橋殿町400 虎屋菓寮京都一条店横
会期
2018年4月21日(土)~5月20日(日)
10:00~17:00 会期中無休
入場料
無料
展示品
虎屋所蔵品
所蔵版木版木(元文元年(1736)の版木・「虎屋茶菓舗」品書きほか)とその復刻
版画の菓子見本帳(京都学・歴彩館蔵)、多色摺りの菓子袋ほか
竹笹堂所蔵品
多色摺りの短冊や掛紙、団扇、扇子、便箋、ぽち袋、木版画作品など

虎屋 webサイト


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ