関西テレビで竹中健司密着ドキュメンタリー番組を放送

2015.11.30

  • イベント
  • メディア
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本からフランスそして世界へ 約1年にわたる密着取材で木版画職人竹中健司に迫る

竹中健司関西テレビ密着ドキュメント

竹笹堂代表竹中健司が進める世界木版画発掘プロジェクトに関西テレビが密着し、1時間のドキュメンタリー番組が放送されます。

海外に眠る日本の貴重な木版画や版木を発見し、失われた技術を蘇らせることで木版技法の振興を図る本プロジェクトに、約1年の密着取材が行われました。海を越えて、世界に眠る木版画や版木を通して100年以上の時をさかのぼり、当時の職人技の粋に迫ります。

竹中がフランスで発見した、喜多川歌麿筆と伝えられる一枚の版木に浮かぶ女性。そして、現代の浮世絵として人気の「いまうきよえ」シリーズに描かれる女性。時代を越えて受け継がれる職人の仕事・わざに竹中が真摯に向き合います。

全編通して美しく精細な描写を可能にする4Kカメラで収録が行われ、貴重な木版画とフランスの風景や京都の四季を、脅威の映像表現を駆使したハイビジョン版でお楽しみいただけます。

竹中と竹笹堂が世界に発信する木版技法探求の旅、その第一歩をぜひ御視聴ください。

序章となった映像を公開(2015年9月30日関西テレビ「ワンダー」内で放送)

二つの美人画を紐解く 竹中健司×カンバラクニエ特別トークショー開催

12月11日から20日まで、京都で開催される竹中健司の作品展関連イベントでトークショーを開催します。
「いまうきよえ」シリーズで絵師をつとめるカンバラクニエ氏と、工芸ジャーナリストの米原有二氏をゲストに迎え、番組に登場する2枚の「美人画」の制作や、プロジェクトレポートをトークセッションでお伝えします。
会場には実際に摺られた「伝歌麿浮世絵」と「いまうきよえ」シリーズの他、竹中健司の木版画作品も展示されます。ぜひご来場ください。

イベント詳細

番組概要

番組名
「ザ・ドキュメント 京の摺師 -パリに渡った浮世絵-」
放送日
2015年12月12日(土)深夜25時35分〜26:30
放送局
関西テレビ ※関西テレビ視聴可能地域のみ(今後国内外で放送予定)

番組紹介ページ


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ