作品展企画 創立120周年記念「竹笹堂展 -木版工房のヒミツ-」

竹笹堂の工房再現展覧会

竹笹堂で生み出されてきた木版印刷品を大公開

竹中木版で長年にわたり培われた木版印刷の技術を今ここに!
江戸時代より絵師・彫師・摺師の三者の分業により制作され、今に受け継がれている木版画。
明治年間に創業した竹中木版は、木版印刷・木版画づくりを生業とし、代々当主摺師によって研鑽されてきた木版の技術を120余年継承し続けてきました。
竹笹堂は、竹中木版で守られ磨かれてきた木版印刷の技術をもって、時代に合った木版画の新たな可能性を探りながら、匠の技が光る作品を誕生させています。

本展覧会では、木版印刷工房「竹中木版」と「竹笹堂」によって、120年にわたって作り続けられてきた木版印刷の制作物を一堂に展示。また、ギャラリー内のいたるところに工房の様子を再現し、知られざる竹笹堂のヒミツ、木版のヒミツが散りばめ、それぞれ解説・答えをご紹介いたします。

そして、竹笹堂で展開される可愛い商品たちの誕生の過程から、竹笹堂プロデュースのカンバラクニエ氏との最新コラボレーション作品まで、竹笹堂の「いま・むかし」を全て大公開します!

作業スペースを再現

作業スペースを再現

木版画の手摺り工程を行う作業スペースを展示会場に忠実に再現した。

竹笹堂のオリジナル木版小物

手摺り木版を雑貨に

伝統的な技法で作られた色とりどりの木版画をブックカバーや小物に。

作品展の様子

代々続く木版印刷の仕事

竹中木版120年の歴史の中で、印刷をご注文いただいた貴重な制作物を展示。

企画概要

開催展名
竹笹堂展「木版工房のヒミツ」
展示作者
竹笹堂
場所
同時代ギャラリー
604-8082 京都市中京区三条御幸町南東角1928ビル1階 同時代ギャラリー
会期
2011年11月22日(火)-11月27日(日)12:00-19:00
(最終日は18:00まで)
問い合せ
Tel/Fax 075-256-6155 http://www.dohjidai.com/


ページ
上部へ