ゲームソフト「レインボーシックス シージ」竹笹堂が浮世絵木版画制作

2019.8.19

このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統工芸の京版画×人気の女性キャラクター「HIBANA 火花」コラボ作品が実現

竹笹堂は、対戦型のオンラインシューティングゲーム「レインボーシックス シージ(ユービーアイソフト株式会社制作)」の日本人オペレーター「火花」の浮世絵木版画を制作しました。2019年9月12〜15日に開催される「東京ゲームショウ2019」、ユービーアイソフトの物販ブースにて初お目見え、イベント一押し商品として販売されます。

今回、「火花」の原画を担当したのは、竹笹堂の彫師であり、木版画作家としても活躍する野嶋一生(のじまかずき)。ゲームの中ではフードを被り表情を隠す「火花」を凛とした佇まいの着物姿の美人画に繊細なタッチで仕上げました。また、11版16度摺りの木版画制作も一貫して竹笹堂の卓越したスキルをもつ職人が手掛けました。
会場では、木版画作品の他、この木版画「火花」をモチーフにしたグッズも多数販売されます。ぜひ手摺りの技をお手にとって御覧ください。

※尚、竹笹堂店舗・オンラインショップでの販売はございません。

イベント詳細

イベント
東京ゲームショウ2019
会場
幕張メッセ  住所:千葉市美浜区中瀬2-1
日時
ビジネスデイ:2019年9月12日(木)〜9月13日(金)10:00〜17:00
一般公開日:2019年9月14日(土)〜9月15日(日)10:00〜17:00
入場料
一般公開日:一般(中学生以上)前売1,500円/当日2,000円(税込) 小学生以下 入場無料
出展コーナー
物販コーナー「ユービーアイソフト」
出展商品
レインボーシックスシージ6コレクション浮世絵「火花」、「火花 額入り」、モチーフ商品など

レインボーシックス シージ(Tom Clancy`s Rainbow Six Siege)

アメリカ、ドイツ、ロシア、フランス、イギリスなど世界中の特殊部隊に属するメンバーから構成された対テロ特殊部隊「レインボー」の活躍を描く『レインボーシックス』シリーズの最新作。人質救出や爆弾解除などさまざまな高難易度ミッションをクリアしていく5人対5人の対戦型オンラインシューティングゲーム。



ユービーアイソフト webサイト


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ