カテゴリー別アーカイブ: ニュース

年末年始休業期間と年内の発送最終受付のご案内

帰省のおみやげはお早めに、京の風情薫る竹笹堂の木版手摺りグッズを

竹笹堂冬季休業

誠に勝手ながら、12月27日(月)を年内最終営業日とし、12月28日から翌年1月5日まで休業期間を頂戴します。
事業部、店舗、お問い合わせ、配送など、全部門においてご対応を休止させていただきます。

オンラインショップでは、年内発送最終受付を12月23日(木)18時までにご入金完了を確認したご注文までとし、以降のご注文は1月6日より順次対応いたします。※休業期間中は商品のご注文のみ受付可。受注制作品・予約商品などは再開後対応いたします。

新年は、店舗・工房・各事業部は2022年1月6日(木)から、営業を開始いたします。
休業期間中、お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

竹笹堂店舗休業期間中も、近隣の商品取り扱い店舗で竹笹堂の一部商品をお買い求めいただけます。
帰省土産やクリスマスプレゼント、お年賀のお配り物など、お好みのアイテムを探しにぜひお越しください。全国の竹笹堂商品取扱店はこちら

竹笹堂年末年始休業の詳細

休業期間
2021年12月28日(火)〜2022年1月5日(水) 

※オンラインショップ年内最終発送:2021年12月23日(木)18時までにお支払い済みのご注文分
(銀行振込・郵便振替の方は23日15時までにお支払いください)
以降のご注文分は、1月6日(水)より順次対応
営業再開
2022年1月6日(木)  
対象部門
全部門(工房・事業部・教室・店舗・その他ご対応業務)
※オンラインショップはご注文のみ可能です。(発送は再開後)

α-STATION「ONE FINE DAY」竹中健司生出演

心地よい音楽と生活情報をポジティブな女性DJたちの語りで楽しむ4時間

12月24日(金)12時10分頃、α-STATION「ONE FINE DAY」に、竹笹堂代表・5代目摺師 竹中健司が登場します。

毎週月曜から金曜まで11時〜15時にオンエアされている「ONE FINE DAY」。いつものウィークデイを、素敵な1日にーをコンセプトに、“ワンファインデー”になれるヒントを、心地よい音楽と共に、旬のゲストをお招きしお届けしています。金曜のDJは、森夏子さんです。
今回、竹中健司は、12月3日発売した共著本「木版画 伝統技法とその意匠」の紹介や木版印刷の魅力などいろいろお話します。ぜひお聴きください。

番組詳細

番組名
ONE FINE DAY
放送日
2021年12月24日(金) 11:00~15:00
*竹中の登場は、12:10頃〜
オンエア放送局
エフエム京都 α-STATION 

α-STATION 番組HP

我孫子市アビイクオーレ「手仕事 京都展」に竹笹堂布アイテム

竹笹堂人気デザイン「ねこ」柄の布アイテムをご紹介

アビイクオーレ「手仕事 京都展」

12月10日(金)〜12月19日(日)まで、千葉県我孫子市にあるアビイクオーレにて「手仕事 京都展」が開催されます。

年6回開催される「手仕事 和と洋のリエゾン」は、想いを込めて制作される日本の手仕事をセレクトして紹介する小さな展示会です。その中でも、8月と12月は、「手仕事 京都展」と題して、京都在住の作家さんをメインに服飾雑貨や水彩画などが展示販売されます。
竹笹堂からは、木版アイテムでも人気のねこ柄を用いた布アイテムが揃います。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

※写真はイメージです。今回の取り扱い商品とは異なります。

イベント概要

イベント名
手仕事 京都展
場所
アビイクオーレ1階正面入り口エントランス
千葉県我孫子市本町3-2-1
会期
2021年12月10日(金)〜12月19日(日)
商品
トートバッグ、大きな風呂敷、がま口

5代目竹中健司共著「木版画 伝統技法とその意匠」発売お知らせ

老舗木版画工房の職人による「木版画」本の決定書

2021年12月誠文堂新光社より、竹中木版5代目・竹笹堂代表 竹中健司とライター米原有二による「木版画 伝統技法とその意匠 – 絵師・彫師・摺師 三者協業による出版文化の歴史 -」が発売されます。

CraftSession

本書は、「竹中木版 竹笹堂」による、彫り、摺りを中心とした技術を丁寧な解説とともに紹介するとともに、江戸時代の浮世絵からはじまり現代の木版プリントまで、老舗ならではの貴重な資料を豊富に用いながら、日本の「木版印刷」の歴史をひもときます。仏典・仏画から浮世絵・商業印刷まで、資料価値の高い内容でありながら、数々の図版と美しいビジュアルで、美術、工芸関係者はもちろん、若手作家やアーティストの参考になる一冊になっています。
竹笹堂オンラインショップでは、出版記念として、2021年11月&12月中にご予約ご購入のみなさまへの特典をご用意しました。詳しくは、オンラインショップをご覧ください。

書籍概要

書籍名
木版画 伝統技法とその意匠
– 絵師・彫師・摺師 三者協業による出版文化の歴史 –
著者
竹中健司・米原有二
発行
株式会社誠文堂新光社
価格
4,400円(税込)
発売日
2021年12月3日(金)

誠文堂新光社公式サイト

竹笹堂オンラインショップ

竹笹堂木版画教室受講生による2021年木版画展覧会を開催

日本各地に広がる竹笹堂伝統木版画技術を継承した作品を一同に展示

木版画教室の生徒の作品展

11月17日から21日まで、寺町専門店会商店街にあるギャラリー「ギャリエ・ヤマシタ1号館」の2階で、今年で13回めとなる竹笹堂木版画教室の受講生による木版画作品展覧会を開催します。
毎年秋が深まるこの時期に、竹笹堂職人直伝の木版画定期教室の受講生と国内外の通信講座生による木版画作品展覧会を開催します。年ごとに共通のテーマを決めて制作する課題作品の他、受講生のみなさんが日頃の学びの成果と感性を発揮した大小様々な自由課題作品が会場に展示されます。また、例年好評をいただいている講師・生徒らによって手摺りで作られる木版画のカレンダーも販売されます。

芸術の秋にぴったりの木版画作品をご覧に、ぜひ会場へ足をお運びください。

イベント概要

イベント名
竹笹堂木版画教室展2021 HISTORY13 〜梅は酸い酸い十三年〜
期間
2021年11月17日(水)~21日(日)
12:00-18:00 ※最終日は午後5時閉場
場所
ギャリエ・ヤマシタ 1号館2F(アート&フレーム ヤマシタ 北)
京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町533
入場料
無料
問い合わせ
竹笹堂:075-353-8585

展示会場 webサイト

2022年木版画年賀状販売と年賀状づくり体験教室始まりました

あなたはどっち? 職人手作り竹笹堂オリジナル年賀状or自分で作る年賀状教室

11月に入り、そろそろ「来年の年賀状はどうしようかな」と考える時期になりました。日頃お世話になっている方へ、手作りの木版画の年賀状なら感謝と新年を迎える喜びが一層深まります。

2022年年賀状

2022年の干支は「寅(とら)」。とらをモチーフにしたデザインや縁起のよい文様など様々な柄の木版画年賀はがきを竹笹堂店舗・オンラインショップにて販売します。

また、11月12月は、木版画で作る年賀状教室を開催します。お好きなデザインや干支・お正月らしいモチーフの見本柄を使って、ご自身で版木を彫って和紙のハガキに摺って、あなただけの年賀はがきをお作りいただけます。 ぜひチャレンジしてはいかがでしょう?

年賀状の購入はこちら 竹笹堂オンラインショップ

年賀状教室概要

プログラム
竹笹堂木版画年賀状づくり体験教室
内容
年賀状向けデザインを使用した木版画はがき制作(オリジナル可)
場所
竹笹堂
開催日
2021年11月2日(火)6日(土)9日(火)16日(火)20日(土)30日(火)
2021年12月4日(土)7日(火)14日(火)21日(火)25日(土)
時間
午後2時から4時まで *全日 
午前10時から12時まで *12月4日(土)25日(土)のみ開催
参加料
お一人様 3,000円(道具材料費・税込)
問い合せ
075-353-8585

※各日定員6名(事前予約制

※2名から催行いたします

教室の詳細はこちら

「広重展ー天才浮世絵師が描く日本名所紀行」浮世絵摺り実演

浮世絵の制作過程を見て、広重の風景画の魅力を楽しむ!

丹波市立植野記念美術館にて、現在開催中の「広重展ー天才浮世絵師が描く日本名所紀行」の関連イベントで、竹笹堂代表・竹中木版5代目摺師の竹中健司が浮世絵木版画摺り実演ワークショップを行います。

CraftSession

江戸時代後期に活躍した浮世絵師・歌川広重(1797-1858)を取り上げた本展では、日本各地の名所や名物を描いた風景版画およそ150点が展示されます。代表作とも言える保永堂版「東海道五拾三次之内」が全て揃うほか、広重が生涯で20種類以上も描いたという「東海道絵」シリーズの作品も展示され、シリーズそれぞれの個性を見比べ楽しめます。

その関連イベントとして、11月6日(土)に、竹中健司が、浮世絵木版画ができあがるまでの摺り実演を解説とともに披露します。*事前予約制、すでにご応募は締め切りました。

展示会概要

展示会名
「広重展ー天才浮世絵師が描く日本名所紀行」
場所
丹波市立植野記念美術館 
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
会期
2021年9月18日(土)〜11月14日(日) 10:00〜17:00
入場
一般600円 高校・大学生300円 小・中学生150円
*「関西文化の日」2021年11月6日(土)・7日(日)の2日間は終日、観覧無料でご入館いただけます。
関連イベント
◆木版画実演ワークショップ
・日時 11月6日(土) 14:00〜15:00 / 講師 竹中 健司 /
場所 研修室/参加費無料 / 定員 30名 / 事前予約
・ご応募は締切ました。
主催
丹波市教育委員会、丹波市立植野記念美術館

植野記念美術館-丹波市ホームページ

「京都応援クーポン券」竹笹堂店舗でご利用いただけます!

京都府民限定!地元応援!「きょうと魅力再発見旅プロジェクト」

きょうと魅力再発見旅プロジェクト

10月22日(金)から開始された「きょうと魅力再発見旅プロジェクト」は、宿泊割引や旅行割引、クーポン券の配布を通じて京都府民の方に京都府内旅行を楽しんでいただき、地元を応援するキャンペーンです。「京都応援クーポン券」の利用ができるお店として竹笹堂も参加しています。
京都府民の方はお得に旅を楽しめるチャンスです!竹笹堂の木版作品・商品をお買い求めの際に、ぜひご利用ください。
*「京都応援クーポン券」のご利用可能期間は、2021年10月22日(金)〜2022年1月1日(土)まで。(旅行期間中に限り有効)

きょうと魅力再発見旅プロジェクト

京都岡崎 蔦屋書店「めぐる京都手帖」フェア

京都手帖ファン必見!2022表紙を彩る木版画作品を先行発売します!

10月16日(土)〜11月30日(火)まで、京都岡崎 蔦屋書店にて「めぐる京都手帖」フェアが開催されます。

京都岡崎 蔦屋書店「めぐる京都手帖」フェア

今年で16年目を迎える京都手帖。このフェアでは、京都手帖編集部が手帖に掲載されたお店の品々をセレクト。京都手帖の原画、竹笹堂6代目摺師・木版画作家 原田裕子の木版画をはじめ、とっておきのお菓子やアイテムをご紹介しています。
竹笹堂からは、京都手帖2022京都岡崎 蔦屋書店限定表紙発売を記念して、限定柄「春爛漫」のしおりや2022表紙デザイン「春歌」「林檎泥棒」「春爛漫」の木版画を先行販売、そのほか木版アイテムや干支モノの蚊帳生地ふきんなども取り揃えています。
岡崎界隈は、これから散策が気持ちよい季節を迎えます。ぜひ、京都手帖の世界をめぐってみませんか?

イベント概要

イベント名
京都手帖16周年記念フェア
「めぐる京都手帖」
場所
京都岡崎 蔦屋書店 ギャラリーEN
京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ1階
会期
2021年10月16日(土)〜11月30日(火)
商品
京都手帖2022京都岡崎 蔦屋書店限定表紙柄のしおり、季節の木版画(2022年表紙デザイン先行発売)、プチカルテ、ミニカード、蚊帳生地ふきんなど

京都岡崎 蔦屋書店 webサイト

ホテルグランヴィア京都で 京都手帖2022 ホテル限定版を販売

ご縁を結ぶ”めで鯛”柄が表紙を彩る限定版 京都手帖付き宿泊プランも展開

ホテルグランヴィア京都で限定京都手帖

ホテルグランヴィア京都で、10月1日(金)より「京都手帖2022」ホテル限定版の販売が始まりました。

ホテルグランヴィア京都は、京都の玄関口、JR京都駅に直結するホテルで、国内外から古都京都の風情に魅せられた多くのお客さまを迎えています。
今回で5年目となる限定版の表紙は、2022年9月にホテル開業25周年の節目の年を迎え、お客様とホテルのご縁を結び、今後も利用していただきたいと願いを込めたデザイン「結び鯛」です。

同ホテルでしか手に入らない限定版京都手帖は、館内M3FにあるHOTEL SHOPやオンラインショップ、または、京都手帖付きのお得な宿泊プランにて、600冊限定販売です。(なくなり次第終了。宿泊期間は2022年1月31日(日)まで。)
*今回、2Fコンシェルジュカウンター前ショーケースでの木版画原画作品の展示はございません。