カテゴリー別アーカイブ: 催事出店・展覧会

我孫子市アビイクオーレ「手仕事 京都展」に竹笹堂布アイテム

竹笹堂人気デザイン「ねこ」柄の布アイテムをご紹介

アビイクオーレ「手仕事 京都展」

12月10日(金)〜12月19日(日)まで、千葉県我孫子市にあるアビイクオーレにて「手仕事 京都展」が開催されます。

年6回開催される「手仕事 和と洋のリエゾン」は、想いを込めて制作される日本の手仕事をセレクトして紹介する小さな展示会です。その中でも、8月と12月は、「手仕事 京都展」と題して、京都在住の作家さんをメインに服飾雑貨や水彩画などが展示販売されます。
竹笹堂からは、木版アイテムでも人気のねこ柄を用いた布アイテムが揃います。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

※写真はイメージです。今回の取り扱い商品とは異なります。

イベント概要

イベント名
手仕事 京都展
場所
アビイクオーレ1階正面入り口エントランス
千葉県我孫子市本町3-2-1
会期
2021年12月10日(金)〜12月19日(日)
商品
トートバッグ、大きな風呂敷、がま口

竹笹堂木版画教室受講生による2021年木版画展覧会を開催

日本各地に広がる竹笹堂伝統木版画技術を継承した作品を一同に展示

木版画教室の生徒の作品展

11月17日から21日まで、寺町専門店会商店街にあるギャラリー「ギャリエ・ヤマシタ1号館」の2階で、今年で13回めとなる竹笹堂木版画教室の受講生による木版画作品展覧会を開催します。
毎年秋が深まるこの時期に、竹笹堂職人直伝の木版画定期教室の受講生と国内外の通信講座生による木版画作品展覧会を開催します。年ごとに共通のテーマを決めて制作する課題作品の他、受講生のみなさんが日頃の学びの成果と感性を発揮した大小様々な自由課題作品が会場に展示されます。また、例年好評をいただいている講師・生徒らによって手摺りで作られる木版画のカレンダーも販売されます。

芸術の秋にぴったりの木版画作品をご覧に、ぜひ会場へ足をお運びください。

イベント概要

イベント名
竹笹堂木版画教室展2021 HISTORY13 〜梅は酸い酸い十三年〜
期間
2021年11月17日(水)~21日(日)
12:00-18:00 ※最終日は午後5時閉場
場所
ギャリエ・ヤマシタ 1号館2F(アート&フレーム ヤマシタ 北)
京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町533
入場料
無料
問い合わせ
竹笹堂:075-353-8585

展示会場 webサイト

京都岡崎 蔦屋書店「めぐる京都手帖」フェア

京都手帖ファン必見!2022表紙を彩る木版画作品を先行発売します!

10月16日(土)〜11月30日(火)まで、京都岡崎 蔦屋書店にて「めぐる京都手帖」フェアが開催されます。

京都岡崎 蔦屋書店「めぐる京都手帖」フェア

今年で16年目を迎える京都手帖。このフェアでは、京都手帖編集部が手帖に掲載されたお店の品々をセレクト。京都手帖の原画、竹笹堂6代目摺師・木版画作家 原田裕子の木版画をはじめ、とっておきのお菓子やアイテムをご紹介しています。
竹笹堂からは、京都手帖2022京都岡崎 蔦屋書店限定表紙発売を記念して、限定柄「春爛漫」のしおりや2022表紙デザイン「春歌」「林檎泥棒」「春爛漫」の木版画を先行販売、そのほか木版アイテムや干支モノの蚊帳生地ふきんなども取り揃えています。
岡崎界隈は、これから散策が気持ちよい季節を迎えます。ぜひ、京都手帖の世界をめぐってみませんか?

イベント概要

イベント名
京都手帖16周年記念フェア
「めぐる京都手帖」
場所
京都岡崎 蔦屋書店 ギャラリーEN
京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ1階
会期
2021年10月16日(土)〜11月30日(火)
商品
京都手帖2022京都岡崎 蔦屋書店限定表紙柄のしおり、季節の木版画(2022年表紙デザイン先行発売)、プチカルテ、ミニカード、蚊帳生地ふきんなど

京都岡崎 蔦屋書店 webサイト

とらや 赤坂店にて 竹笹堂木版グッズ販売

こんなところにも!「和菓子で楽しむ錦絵」展 関連企画

9月17日〜11月23日まで、とらや 赤坂店にて、「京都竹笹堂 木版グッズ販売」が開催されています。

CraftSession

今回の展示販売は、とらや赤坂店地下1階 虎屋 赤坂ギャラリーにて開催中の、こんなところにも!「和菓子で楽しむ錦絵」展の関連として企画されました。
虎屋所蔵の古版木や摺り物(再摺り)をはじめ、竹笹堂が協力した木版印刷を紹介するパネルや彫師や摺師の道具類・手摺り木版パッケージの展示、竹笹堂の木版グッズや京都手帖2022の販売が行われます。また、6代目摺師・木版デザイナー原田裕子がデザインした「和菓子づくし」(虎屋 京都ギャラリー第17回企画展「竹に虎 -見てたのし、使ってよろしい商業版画-展」描きおろし)柄の木版ポストカードやブックカバーなどが期間限定で販売されます。

錦絵の中の和菓子を楽しんだ後は、今もなお手彫り手摺りで作られる木版印刷の世界をご覧に、ぜひ会場へ足をお運びください。

イベント概要

イベント名
「京都竹笹堂 木版グッズ販売」
第80回虎屋文庫資料展 こんなところにも!「和菓子で楽しむ錦絵」展 関連企画
場所
とらや 赤坂店
東京都港区赤坂4-9-22
会期
2021年9月17日(金)〜11月23日(火・祝)
休館日:10月6日(水)、11月6日(土)
営業時間は下記URLをご参照ください。
とらや赤坂店 ご案内
入場料
無料
展示品
虎屋所蔵品
所蔵版木版木とその再摺りほか
竹笹堂所蔵品
彫師・摺師の道具、手摺り木版羊羹パッケージ、多色摺りの木版和紙、扇子、ブックカバーなど
販売商品
とらやオリジナルデザイン「和菓子づくし」木版和紙、ブックカバー、ミニカード、プチカルテ、しおりほか

虎屋 webサイト

大丸京都店「祇園会大丸夏祭り」竹笹堂木版アイテムを販売

京都の夏 今年も祇園祭の季節がやってきました

毎年7月、大丸京都店では、この季節に全館をあげて「祇園会大丸夏祭り」が催されます。

大丸京都店4階リビング雑貨フロアでは、一足早く、6月23日(水)から7月20日(火)まで、祇園祭にちなんだかわいい雑貨や本格的なレプリカなど、おうちで楽しめるアイテムが揃います。竹笹堂からは、祇園祭の鉾や山をイメージした木版画作品や絵はがき・木版風鈴や京都の風景を描いた小作品をご用意しました。

今年ならではの祭りの楽しみ方をご提案していますので、ぜひ、この機会に足をお運びください。

※写真はイメージです。今回の取り扱い商品とは異なります。

イベント詳細

内容
「祇園会大丸夏祭り」
場所
大丸京都店 4階リビング雑貨フロア
京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地
期間
2021年6月23日(水)〜2021年7月6日(火) レジ前特設売り場
2021年7月7日(水)〜2021年7月20日(火) 暦2(こよみごよみ)
*竹笹堂スタッフは駐在したしません。予めご了承ください。
取扱品
木版画作品、版画の絵はがき、木版風鈴など

大丸京都店webサイト

浦和 蔦屋書店 「和と暮らす」竹笹堂木版アイテムを販売

和と伝統とモダンを取り入れたアイテムを揃えました

6月14日(月)から7月18日(日)まで、埼玉県さいたま市にある浦和 蔦屋書店にて開催のフェア「和と暮らす」で、竹笹堂の木版アイテムが販売されます。

手しごとから生まれる柔らかなカタチとイロ。伝統と新しいデザインの魅力を伝えるフェアでは、竹笹堂定番アイテム「手摺り木版画のブックカバー」の夏らしいデザインが揃います。また、浮世絵のヤレ(印刷の工程で、損じて使えなくなった紙)が出た時にしか作らないじゃばら帖もご用意しました。
竹笹堂の他、乙女印刷の活版印刷グッズやケイコロールの手ぬぐいなども展開されます。

父の日のギフトやおうち時間を楽しむアイテムを探しに、ぜひ、お立ち寄りください。
※写真はイメージです。今回の取り扱い商品とは異なります。

イベント詳細

内容
「和と暮らす」
場所
浦和 蔦屋書店 
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1丁目16番12号 アトレ浦和

期間
2021年6月14日(月)ー7月18日(日)  午前8時〜午後10時
*まん延防止等重点措置のため営業時間を変更
*竹笹堂スタッフが駐在いたしません。予めご了承ください。
取扱品
手摺り木版画のブックカバー、カード、じゃばら帖など

浦和 蔦屋書店webサイト

阪急うめだ本店 新・日本の美意識 マンガクリエーション 展示

浮世絵に魅せられた現代の絵師が自由な発想で描く作品がそろい踏み

3月24日(水)から4月5日(月)まで、大阪市にある阪急百貨店 阪急うめだ本店にて開催の「新・日本の美意識 マンガクリエーションー浮世絵クリエーションー」で、竹笹堂の木版画作品・アイテムが販売されます。

江戸から現代まで、人々の心をとらえ、動かしてきた日本のマンガ。今回、阪急うめだ本店では、各階でその魅力あふれる世界に迫ります。竹笹堂からは、カンバラクニエ作 現代の美人画「いまうきよえ」や北斎漫画ブックカバーなどの木版アイテム・作品がならぶ他、竹笹堂が手がけた「ルパン三世」や松本零士作品の浮世絵木版画シリーズも一挙展示販売されます。

世界に向けて発信できるメディアのひとつ「マンガ」の世界、ぜひ、この機会に足をお運びください。
※写真はイメージです。今回の取り扱い商品とは異なります。

イベント詳細

内容
「新・日本の美意識 マンガクリエーションー浮世絵クリエーションー」
場所
阪急百貨店 阪急うめだ本店 9階アートステージ

期間
2021年3月24日(水)ー4月5日(月) 
午前10時〜午後8時 (催し最終日は午後6時終了)
*竹笹堂スタッフが駐在いたしません。予めご了承ください。
取扱品
木版画作品(カンバラクニエ、原田裕子)、手摺り木版画のブックカバー、木版和紙、ぽち袋、蚊帳生地ふきんなど

阪急うめだ本店webサイト「新・日本の美意識 マンガクリエーション」

「永々棟のひなまつり」京の伝統産業わかば会 実演販売会

数寄屋建築に愛らしい雛人形と京の若手職人たちの技が光る作品がならぶ

2月26日(金)〜3月28日(日)の金土日、北野天満宮近くの古民家ギャラリー「平野の家 わざ 永々棟」で「永々棟のひなまつり」が開催されます。

永々棟のひなまつり若手職人による京都伝統工芸展示販売会

会期中、3月19日(金)〜3月28日(日)の金土日期間限定で、京の伝統産業わかば会が実演販売会を開催、竹笹堂摺師の森愛鐘が自身の作品や竹笹堂木版摺り商品を出品し実演も行います。また、所属する気鋭の若手職人が交代で在廊、実演が行われる日もあり、京都の伝統工芸の技を間近に見学することができます。

この特別公開では、永々棟所蔵の江戸から現代までのさまざまな雛人形や精巧に作られた雛調度などがお座敷一面に飾られます。また、関連イベントとして、茶会、邦楽演奏や呈茶席が行われます。

日本画家・山下竹斎の邸宅兼アトリエとして大正15年に建てられた木造建築である「平野の家 わざ 永々棟」は、古き良きの時代が香る建築として再生・保全され、現在は京都の文化振興ならびに優れた京の手仕事と文化の香り高い美意識をはぐくむ場として活用されています。

大正時代の雰囲気が残る数奇屋建築で、春の京都を彩るはんなりとした雛の世界と細やかな技が光る工芸品を楽しみに、ぜひ会場へ足をお運びください。

催事概要

催事名
令和3年春の特別公開 「永々棟のひなまつり」
場所
平野の家 わざ 永々棟(えいえいとう)
〒603-8323 京都市北区北野東紅梅町11
期間
2021年2月26日(金)〜3月28日(日)の金土日 10時~17時〈入場は16時30分まで〉
入場料
一般800円/大学・高校生600円/中学生以下無料

同時開催
「京の伝統産業わかば会 実演販売会」
期間
2021年3月19日(金)〜3月28日(日)の金土日 10時~17時〈入場は16時30分まで〉
料金
無料(入場料が別途必要です)
実演
3月19日(金) 京版画(竹笹堂摺師 森愛鐘)
主催等
主催:平野の家 わざ 永々棟、山本興業株式会社 協力:京の伝統産業わかば会 

平野の家 わざ 永々棟 webサイト

京の伝統産業わかば会 京都駅ビルで作品展示

京都で伝統の技を受け継ぐ若者たちによる新しいセンスとの融合作品が一同に

3月2日〜31日、京都駅ビル2Fインフォメーション前で、1200年の歴史深い京都の伝統産業を受け継ぐ若者を育成支援する制度を受給した若手職人による「京の伝統産業わかば会(以下わかば会)」の作品展示が行われます。
竹工、漆器、染色など様々な業種の伝統工芸・産業で切磋琢磨する若手職人たちが、その技を磨き製作した個人作品を展示します。今回わかば会会長でもある竹笹堂摺師森愛鐘は、薄い和紙に木版摺りを施した新たな試みの木版画作品を展示します。
京都駅へお越しの際は、深みある伝統工芸と現代のセンスが融合した新しい京都の工芸の協演に是非お立ち寄りください。

展示概要

展示名
京の伝統産業わかば会作品展示
場所
京都駅ビルインフォメーション前
※京都駅ビル南北自由通路2Fインフォメーションセンター前
会期
2021年3月2日(火)〜31日(水)
主催
京都市、京の伝統産業わかば会、「伝統産業の日」実行委員会