受注制作 ハイアット・リージェンシー京都様「洋菓子パッケージ」

ハイアットお菓子パッケージデザイン

上質な素材を使ったパウンドケーキを木版画デザインで包み込む

ハイアット販売の洋菓子パッケージデザイン

ラグジュアリーな空間が広がる国際的ホテル、ハイアットリージェンシー京都さまと竹笹堂の木版画デザインがコラボレーションいたしました。

ハイアットリージェンシー京都のレストラン、トラットリアセッテに併設された「ペストリーブティック」で販売されている、上質な素材とそのあじわいにこだわった抹茶とほうじ茶の2種類のパウンドケーキ。このケーキをイメージした木版画をもとに、専用の化粧箱としてパッケージを制作しました。

今回デザインに京都で活躍するグラフィックデザイナー白川諭氏を迎え、デジタルで描かれた原画を、職人の手仕事によるアナログの世界で表現することで木版画の可能性をさらに広げました。

竹笹堂クリエイティブディレクターである竹中健司は素材の上品なハーモニーを生み出す絶妙な配合に着目し、白川氏の手によってその一つ一つの材料はグラーデーションが美しいグラフで表され、シンプルさの中に深みのあるデザインに仕上がりました。

この原画をもとに出来上がった手摺りの木版画は、高精度スキャナで取り込まれてパッケージへ生まれ変わり、上質で柔らかい雰囲気を漂わせました。

さらにこの化粧箱を飾るリボンには、パッケージの差し色として映える色合いを選び、素材の調合量を表した数字を連ねることでリズムが生まれました。

木版画のデザインパッケージ

素材をデザインする

厳選素材に手間暇を加えて上質なお菓子が出来上がる、そのこだわりをデザインで表現。

彫師の彫刻

グラフィックを木版画に

無機質な直線も彫刻刀で彫り出すことで人の手による柔らかさがにじみ出る。

摺師の技術

和をイメージした色調

古来より描かれてきた和の色調を用い、上品な風合いを手摺り木版画で仕上げる。

製品概要

製品名
抹茶と豆乳のケーキ/ほうじ茶のケーキ 専用化粧箱
デザイン
ディレクター:竹中健司(竹笹堂)
デザイナー:白川諭(ノエルグラフィック)
サブデザイナー:加藤光穂(竹笹堂)
木版画彫師:野嶋一生(竹笹堂)
木版画摺師:竹中健司(竹笹堂)
小売価格
各3,500円(税抜き)※パウンドケーキとしての販売価格
サイズ
縦9.2×横22×高さ7cm※パッケージのみ
販売元
ハイアット・リージェンシー京都内トラットリアセッテ併設ペストリーブティック
制作期間
およそ8ヶ月(木版画デザイン・化粧箱製品加工期間含む)

ハイアット リージェンシー京都 製品紹介ページ

ハイアット リージェンシー 京都

世界各国で展開されるハイアットホテルアンドリゾーツのホテルブランド、ハイアット・リージェンシー。コンテンポラリージャパニーズをコンセプトに、古の伝統と文化に息づく京都・東山に2006年にオープンした各国要人も利用するラグジュアリーホテル。

ハイアット リージェンシー 京都

グラフィックデザイナー 白川 諭 Satoshi Shirakawa

京都造形芸術大学環境デザイン学科卒業。建築設計事務所、広告代理店を経てNoelgraphic設立。
グラフィックを中心に京都の伝統産業のリブラディングを多く手がけながらプロダクトデザインやイベントディレクターとしても幅広く活躍する。


ページ
上部へ