米ハワイ州ホノルルで竹中健司が浮世絵木版画摺り実演とワークショップ

2019.10.18

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が注目する日本の伝統木版印刷 手摺りの技を伝える

10月19日、竹笹堂代表・竹中木版5代目摺師の竹中健司は、米ハワイ州ホノルルにあるマノアヘリテージセンター(Mānoa Heritage Center)にて、浮世絵木版画摺り実演と体験ワークショップを行います。

ハワイホノルルで木版摺り実演とWS

竹中は、数年前から「ホノルル・ミュージアム・オブ・アート」(略称:ホノルル美術館)を浮世絵研究のために来訪し、 所蔵作品の視察やミーティングを重ねてきました。現在、同ミュージアムショップでは自身の木版画作品が販売されています。

今回のプログラムは、ホノルル美術館の紹介により、マノアヘリテージセンターの連続講座「Paper and Printmaking programs」の一環で、版画家の非営利団体「Honolulu Printmakers」との共同企画で開催されます。竹中は、竹笹堂が新たに制作した浮世絵作品の版木を使って、摺り実演とその版木を用いた摺りのワークショップを行います。 日本で活躍する現役摺師の伝統木版の手摺り技術を間近に見たり、指導を受けながら摺り体験ができる特別な機会とあって、すでに定員に達し、その期待度の高さが感じられます。

イベント概要

イベント名
Moku Hanga Demonstration and Workshop with Kenji Takenaka
場所
Mānoa Heritage Center
The Harry & jeanette Weinberg Visitor Education Hale
開催日
2019年10月19日(土) 09:00〜14:00(現地時間)
参加費
$100(昼食、資料、マノアヘリテージセンターのツアーを含む)
予約
事前予約 
定員
定員15名 ※定員に達しました

マノアヘリテージセンターwebサイト


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ