MAISON&OBJET Paris 2018で竹笹堂新商品を世界に発表

2018.1.9

  • イベント
  • プロジェクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大級のインテリア見本市に参加 技光る手摺り木版和紙を制作

メゾン・エ・オブジェ2018

世界最大級インテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」に今年も竹笹堂が参加し、新商品「木版うちこみ和紙」を発表します。

竹笹堂は、京都市の伝統産業をはじめとするものづくり分野における海外市場開拓事業「Kyoto connection」プロジェクトの1社として、2018年1月にフランス・パリで開催されるメゾン・エ・オブジェに出展します。

2016年から三回目の出展となる本イベントでは、「やきもの」に木版を用いた「敷瓦」に着目しました。竹笹堂が2012年から始動した木版技術復刻プロジェクト。現代では廃れてしまった多様な工芸品に使われていた木版技術を復興し、竹笹堂のフィルターを通して再編集し、現代のライフスタイルにあった新たな工芸品として提案しています。その活動の一環として新商品「木版うちこみ和紙」の開発、研究に取り組みました。

出展第三弾商品として、竹笹堂が新たに製作する敷瓦という装飾工芸のモチーフに、”ジャポニスム”という旋風を巻き起こした天才浮世絵師・葛飾北斎の北斎漫画を選びました。
昆虫類をピックアップした「北斎採集シリーズ」をメインに、伝統的な文様から市松をセレクトしました。敷瓦の凹凸部分を木版技法のひとつである「うちこみ」で立体的に表現しています。

イベント概要

イベント名
MAISON&OBJET Paris 2018(メゾン・エ・オブジェ)
期間
2018年1月19日(金)~23日(火)※現地時間
場所
Paris Nord Villepinte Exhibition Centre, Paris, France
展示ブース
HALL7 インテリアシーン ブースF216/G215(KYOTO CONNECTION)
商品
木版うちこみ和紙

催事案内


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ