虎屋×京都伝統産業 企画展で竹笹堂特製木版画パッケージを展示

2017.9.21

  • イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加

京の伝統工芸と京の甘味が融合 「和菓子と伝統産業のおいしい関係」を楽しむ

とらや羊羹用オリジナル木版画パッケージ

9月22日から虎屋 京都ギャラリーで行われる企画展で、竹笹堂が羊羹用オリジナル木版パッケージや懐紙を制作し、他業種の工芸品とともに展示されます。

京都の伝統産業を継承する若手職人の会「京の伝統産業わかば会」が、室町時代後期、京都で創業した和菓子屋「虎屋」との連携により、和菓子の新しい楽しみ方を提案する作品展示会「TRANSMIT -和菓子と伝統産業のおいしい関係-」が開催されます。

「TRANSMIT」(老若男女問わず身近な誰かに伝えたくなる和菓子の設え)をコンセプトに、「季節の和菓子に合う器」、「和菓子の食す設え」、そして「羊羹のパッケージ」の3つの視点で、京都で育まれる産業による作品が創作されました。

竹笹堂は摺師森愛鐘が参加し、四季の美しさを取り入れた木版画の化粧箱、大型羊羹用・小形羊羹用それぞれの包装、そして虎屋の虎を描いた懐紙を制作しました。
会場には京焼・清水焼、京漆器やその他多数の伝統産業を取り入れた展示や、伝統産業の魅力を伝えるメイキングムービーの放映も行われます。京都で進化し続ける伝統のわざと、守り継がれる味との出会いをお楽しみください。

催事概要

催事名
「TRANSMIT‐和菓子と伝統産業のおいしい関係−」
場所
虎屋 京都ギャラリー(京都市上京区一条通烏丸西入 虎屋菓寮 京都 一条店横)
会期
2017年9月22日(金)〜10月1日(日) ※9月25日(月)は休館
10時〜17時(初日は12時から開場。最終日は16時閉場。)
入場料
無料
問合せ
京都市産業観光局商工部伝統産業課

虎屋イベント広報ページ


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ