竹笹堂製木版画を飾る「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」6月17日運行開始

2017.6.16

  • プロジェクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

優雅な列車の旅「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」 アート・伝統工芸品が車内を彩る

TWILIGHT EXPRESS 瑞風

竹笹堂の木版画が車内インテリアとして採用されたJR西日本の新たな寝台特急「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」が、いよいよ2017年6月17日に運行開始します。

山陽、山陰、京阪神の魅力ある美しい風景を眺めながら、ホテルのように上質で快適な空間が広がる鉄道の旅を楽しむ「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は、一流の匠たちが食・空間・おもてなしを通してラグジュアリーなひと時を演出します。

車内インテリアにはインテリアデザイナー・浦一也氏による監修のもと「ノスタルジック・モダン」をデザインコンセプトに、沿線各地から選ばれたアートや伝統工芸品が、個室や食堂車、通路などに展示され、実際にお使いいただける工芸品も用意されます。

京都からは、京版画を受け継ぐ竹笹堂の木版画ポスターが採用されました。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」と沿線各地の印象的な風景を描いた作品が、職人の技によって木版画に仕上げられ、優雅な旅に華を添えます。

現在ご乗車のご予約は、第3期分(2017年12月〜2018年2月出発)を「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」公式サイトで受付中です。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が贈る特別な時間を、日本で培われてきた伝統の技と芸術とともにごゆっくりお過ごしください。

運行概要

運行開始
2017年6月17日
運行区間
山陽コース1泊2日(上り・下り) / 山陰コース1泊2日(上り・下り)
山陽・山陰コース(周遊)2泊3日
車両編成
ザ・スイート1両、ロイヤルツイン4両、ロイヤルツイン・ロイヤルシングル5両、
食堂車1両、ラウンジカー1両、展望車2両
定員
34名

TWILIGHT EXPRESS 瑞風webサイト


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ