みやこめっせ「春の古書大即売会」で木版画摺り実演

2017.4.12

  • イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都三大古本祭のひとつに竹笹堂が参加 伝統的な摺りを披露

春の古書大即売会

京都市勧業館みやこめっせでゴールデンウィークに開催される「春の古書大即売会」で、竹笹堂が木版画の摺り実演を行います。

「春の古書大即売会」は京都三大古本まつりのひとつで、展示される古書の数は50万冊以上が予想され、屋内で催される古書の即売会としては、最大級のイベントです。例年盛況を博して今年で40周年を迎え、記念イベントとして、竹笹堂が木版画摺りの実演(1日2回)と人気アイテムの販売を行います。※5月1日〜4日のみ

稀覯書・古典籍等から学術書・美術書・洋書・文学・絶版マンガ・文庫・新書に至るまでジャンル・値段共に幅ひろく取り揃え、京都関係の書籍を集めた「京都コーナー」もあります。懐かしの逸品を見つけに是非足をお運びください。

催事概要

催事名
京都古書研究会40周年記念 第35回 春の古書大即売会
場所
京都市勧業館「みやこめっせ」1F第二展示場
会期
2017年5月1日(月)〜5月5日(金・祝)
午前10時〜午後4時45分 ※最終日は午後4時閉場
竹笹堂の実演は1日から4日まで。
入場料
無料
お問合せ
075-762-2660 ※会期中のみ

主催者イベント紹介ページ


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ