MAISON&OBJET Paris 2017で竹笹堂新商品を世界に発表

2017.1.11

  • イベント
  • プロジェクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大級のインテリア見本市に参加 手摺り木版画の多目的大判紙を制作

メゾン・エ・オブジェ2017

竹笹堂は、京都市の伝統産業をはじめとするものづくり分野における海外市場開拓事業「Kyoto connection」プロジェクトの1社として、2017年1月にフランス・パリで開催されるメゾン・エ・オブジェに出展します。

昨年に続き二回目となる出展は、我々が得意とする職人の手業ならではの、デジタルでは表現しにくい繊細な発色や線描写の緻密さといった木版印刷技術を活用した紙加工製品を海外で展開することにより、過去の美術品に留まらない新たな可能性や魅力を提案することが目的です。

第二弾商品として、日本の家屋や作庭に使用される「建材」にインスパイアされた大判木版和紙「焼杉(2種)」「竹垣(2種)」「檜皮葺(3種)」をこの展示会で発表します。
世界に向けて発信する竹笹堂の試みにぜひご期待ください。

イベント概要

イベント名
MAISON&OBJET Paris 2017(メゾン・エ・オブジェ)
期間
2017年1月20日(金)~24日(火)※現地時間
場所
Paris Nord Villepinte Exhibition Centre, Paris, France
展示ブース
HALL7 インテリアシーン ブースF206(KYOTO CONNECTION)
商品
木版大判紙3作7種

催事案内


ページ
上部へ