TWILIGHT EXPRESS 瑞風 竹笹堂の木版画が車内インテリアに

2016.9.23

  • その他
  • プロジェクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

瑞風が走るコース沿線各地のアート・伝統工芸品が車内を彩る

TWILIGHT EXPRESS 瑞風

2017年春の運行開始を予定している「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」の車内インテリアのひとつに、竹笹堂の木版画が採用されました。

山陽・山陰各地の魅力ある美しい風景を眺めながら、ホテルのように上質で快適な空間が広がる鉄道の旅を楽しむ「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。
建築家の浦一也氏によるデザイン監修の下、どことなく懐かしさを感じられる「ノスタルジック・モダン」をデザインコンセプトに、車両インテリアの検討が進められ、瑞風が走る山陽・山陰コース沿線各地から発信されるアートや、職人による伝統工芸品が車内に展示されます。

始終着のひとつとなる京都からは、歴史ある京版画の系譜を受け継ぐ竹笹堂の木版画が選ばれ、職人の技が光る作品がラグジュアリーなひと時を演出します。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」にご乗車の際には竹笹堂の木版画にもぜひご注目ください。

展示概要

展示場所
「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」
運行日
2017年春運行予定
主な作品
錺金具、截金ガラス、木版画、写真、白磁、水彩画、萩切子グラス、他

TWILIGHT EXPRESS 瑞風webサイト


この記事を読んだ方におすすめの関連記事


ページ
上部へ